Dream Baby Dreaming

KRIS VAN ASSCHE PRINTEMPS ÉTÉ 2012

KRIS VAN ASSCHE

KRIS VAN ASSCHEのデフィレは全体的にとても実用的に見えた。最近のDior Hommeが削ぎ落としたミニマリズムになってきたのと呼応して、彼自身のレーベルも変化をみせている。色のトーンは黒、グレー、チャコール、オフホワイトが中心でやや控えめ。全モデルがクロップドパンツを履き、テーラリングをカジュアルに落とし込んでいる。5分丈のポロシャツは新鮮。
俯瞰の画像からでは判断しづらいが、素材の使い方がとてもナチュラルで、同じ色のトーンのなかに微妙な差異を見ることができ、とても美しい。一見クラシカルだけれども、手が込っている。ただ、Walterの直後に見たせいか、少し無難に見えてしまった。どことなく挑発して欲しかった。
[PR]
# by drmbbydrm | 2011-07-11 01:32 | PARIS COLLECTION

WALTER VAN BEIRENDONCK PRINTEMPS ÉTÉ 2012

Walter Van Beirendonck

最も夢を見せてくれたコレクション。
パステルカラーの優しい色に満ち、縦に隙き間を多く設けたトップスは、のれんみたく心地良い。
全体的にとてもカラフルでありながら発色にいやみがない。きれいな色の服は、心にビタミン剤の役割をもたらすことを再認識した。テキスタイル、パターンも秀逸で、糸が縫い込まれたオリジナルの柄をパッチワーク状に組み合わせ、クラシカルなジャケットをリデザインしている。男女合わせて発表しており、途中からチュールを用いて作ったというアイテムがトップスやドレスとして現れた後、しばらく間をおいてから、浮遊感のある謎のモコモコしたものたちが登場。これらは現代美術家のErwin Wurmとのコラボレーションによって生まれたもの。性器のようなものもあり、非常にユーモアに満ちていたため、自分も含め、会場からは笑みがこぼれた。ラストルックはインビテーションに写されたものと同じオブジェであり、抽象的だったイメージが像を結んだ。この様なデフィレがあるからこそ、僕はファッションの虜なのだ。

Walter Van Beirendonck

Monsieur Walter Van Beirendonck

Thank you, Mr. Walter Van Beirendonck.
[PR]
# by drmbbydrm | 2011-07-09 01:36 | PARIS COLLECTION

GUSTAVO LINS PRINTEMPS ÉTÉ 2012

GUSTAVOLINS

GUSTAVO LINS

ファッションの道を志す前に、建築を学んだ経験のあるGustavo Lins。そのためか、彼の衣服はモダン建築のようであり、直線と曲線がミニマルに交わったものが多い。
今回は、3区にあるギャラリー、「La Galerie Particulière 」にて行なわれた。
ギャラリーに入ると、先にトルソー(下写真)が展示されていた。合計3体のモデルが交互に現れ、コートを脱ぎ、それをトルソーに掛けていく演出。誰かのものであった衣服が、誰のものでもなくなるという瞬間。所有者の手を離れることによって、別の造形的な美しさが滲み出てくる。コートの造形もそうであったが、コートを脱ぐ時、次第に見えてくるシャツや革のジレなどの構築的な部分に惹かれた。

GUSTAVO LINS
[PR]
# by drmbbydrm | 2011-07-07 23:00 | PARIS COLLECTION

JULIUS PRINTEMPS ÉTÉ 2012

JULIUS

当日のHenrik Vibskovのアフターパーティで出会ったフランス人男性に、このブランドについての意見を訊かれ、あまりにも唐突であったために、月並な返答をしてしまったところ、「最初はショッキングだったので、皆JULIUSを崇拝したが、回を重ねる毎に皆は飽きてしまった」という辛辣な返答があった。JULIUSに対するオーディエンスの変化を肌身で感じることはできないが、今回のデフィレを見て、他のデザイナーと比較すると、ゴシックは一瞬の流行であったのか否かという疑問が浮かんだ。
今回は建築家のZaha Hadidから影響を受けたというコレクションを披露。彼女のエッジとマテリアルの使い、有機的な層からインスピレーションを受けたという。有機的というよりは、エッジとマテリアルの部分が視覚的に際立っていたため、後に見返してみて、レイヤー部分のしなやかさに気が付いた。会場がインダストリアル・ミュージックの気配に満ちていたため、Zaha Hadidの背景を読み取ることは難しかったが、他と比べ、最もゴシックの要素が強く読み取れた。

JULIUS
[PR]
# by drmbbydrm | 2011-07-05 23:20 | PARIS COLLECTION

VIERS 5 FASHION DEPARTMENT PRINTEMPS ÉTÉ 2012

Vier5 fashiondepartment

10区のカフェ、「Le Catrina」にて、Vier5 Fashion Departmentのささやかなデフィレが行なわれた。店内を靴下のままのモデル達が練り歩く。同じ時間内にYVES SAINT LAURENTが行なわれていることを考えると、業界の温度感の違いを想像してしまう。
服装はルースなものばかりで、縫製の粗さに目がいってしまうが、写真のスパンコールを用いたアイテムはカフェ内に小さなミラーボールが現れたようで、微笑ましかった。もう少しスパイスが欲しかったが、男性モデルの身長が170cm未満ばかりだった点や、Vier5なりの普段着を提供しようという意図には共感できた。

Vier5 fashiondepartment
[PR]
# by drmbbydrm | 2011-07-05 23:18 | PARIS COLLECTION