Dream Baby Dreaming

<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Atelier 154

a0141535_19505163.jpg

ぼくの好きなエリアは決してシャンゼリセではないと気付いたとき、どこか肩がふっと軽くなるような気がした。どこかフランクで暖かく、幾度か足を運べば顔見知りに、そうでなくても紳士に振る舞えば、ちゃんと応えてくれるようなエリアがいい。少しイタイ目に合うかもしれないが、それはそれで街の彩りを鮮やかにしているのだから、酸いも甘いも受け入れよう。そんな界隈がオベルカンフ通りだと思う。ここで偶然出会った「ATELIER 154」というお店は、先に述べたことが全て詰まっている。詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

When I realized that I couldn't be much into Champs Elise, I felt relaxed. Perhaps I had been stressed out to fit to Paris. I mean I like the area where people are frank and warmness. If I would go there several times, I would be known, if not, I would have to be gentle for them. It would be OK so. Some times, perhaps I would disappointed about the area, I would take it. I think it is Oberkampf. And "Atelier 154" made me feel like this.
[PR]
by drmbbydrm | 2012-01-19 19:52 | PARIS

夜を歩く地図

a0141535_15383517.jpg

from left to right: Saho Terao(寺尾紗穂),Naoki Ishikawa(石川直樹),Suiren Higashino(東野翠れん)

1月10日、原宿のVACANTで行なわれた雑誌「真夜中」のトークショー「夜を歩く地図」に行ってきた。
イスラエルや南洋諸島という私たちが慣れ親しまない国々について、3人の方々の生々しい言葉によって紡がれてゆく。イスラエル人の母親を持つ翠れんさん一家の、美しい記憶に満ちたイスラエルでの写真と、パレスチナ自治区とイスラエルの生傷のような状況を収めた直樹さんの写真との対比(ギャップ)が、この地域の持つ複雑性を否応無しに考えさせられてしまう。そして、対談時にあった「私たち」という主張をし、何かのアイデンティティに所属し隠れてしまうのではなく、「私」がどう思うのかと、各々が自分を認識して、意見していくことは今後ますます必要になってくると思う。ただ、私という認識もアイデンティティに嵌るのではないかという僕の疑問はやや宙ぶらりんになったまま。他にも、いろいろ貴重なメッセージを頂いた。ありがとうございます。
VACANT、前から行きたかっただけに遂に足を運ぶことが出来て感無量。行ったことないけど、アメリカ西海岸のピースフルな匂いを感じた!

また、VACANTに行きたいな。
[PR]
by drmbbydrm | 2012-01-11 15:45 | DBD