Dream Baby Dreaming

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Le Bon MarcheにてVoyage d'Hermèsが香る



パリの左岸にある「Le Bon Marche」は個人的に一番好きな百貨店である。ここはSaint-Germain-des-Présの端に位置しており、大きな観光スポットが特にないので、いつ来ても落ち着いている。この界隈にはスノッブで裕福な人々が住んでいるためか、店のレイアウトや企画展示も他の百貨店とは一線を画している。例えば、商品と商品との間隔。隙間を埋めず、余白を贅沢に使った陳列。また、ファッションウィークの最中には、Diorのオートクチュールの展示を行なっていた。トイレが最上階にしかないのもご愛嬌。

更に、目を喜ばせてくれるのが、入口付近や1階の通路に所々展示されているParfum(香水)の展示である。通常なら、香水とサンプルがあるだけだが、ここでは香水のイメージソースも合わせて展示されているのだ。例えば、ウッドの香りなら、香水の隣にウッドを添えるといった様に。それが、あまりにも品が良いのだ。

今回の投稿は香水に関連した話。Le Bon Marcheの売り場をうろうろし、ふとエルメスの香水コーナーの前に立ち止まっていると、この百貨店のマダムが寄って来ては、日本人かと尋ねてくる。そうだと答えると、彼女はエルメスの香水に関心があるのを察したらしく、香水の近くにあるポストカードを取り出し、そこに香水を4〜5回吹きかけ、「いい匂い。Bonne Journée ♪」と言い、手渡してくれた。香りもそうだが、ポストカードの完成度も素晴らしかった。ポストカードは3枚綴りになっており、一枚めくると、香水を吹き付ける紙がある。この紙が水に反応するようになっており、マダムが香水を吹き付けるたびに、香水のボトルのデザインが浮かび上がってきたのだ。これには感動せずにはいられず、ラグジュアリーの真髄に触れた気がした。そして、今も机の引き出しで香るVoyage d'Hermès。


[PR]
by drmbbydrm | 2011-04-26 06:33 | PARIS

Le soleil du printemps



パリの春。終日天気の良い日が多く、日中の最高気温は25℃近くまで達する。
昨日はTシャツ一枚でちょうど良いくらいであった。
そして日没時間は日に日に遅くなっていく。20時30分頃に夕暮れが訪れるため、体感の気分は日本の8月に近い。
まだまだ日照時間が延びることが、にわかに信じがたい。

さらに、まぶしい太陽!緯度の関係なのか、強い光が瞳に入り込んでくる。今まで、ファッションアイテムとしてしか捉えていなかったサングラスを、いよいよ購入することになりそうだ。
[PR]
by drmbbydrm | 2011-04-24 01:15 | PARIS

'God Machines' by Robert Longo, Paris

デジタルメディアの台頭により、写真と絵画の境界は全く無くなった。
個々人の表現に留まっていたイメージは、意図をせずともウェブを流れ、不特定多数の目に晒される様になった。
かくいう自分自身も多くのイメージをウェブに挙げている。
このイメージの氾濫は、人々の一体何を変えてしまったのだろうか。
水増しされた分だけ、各々のイメージの強度は弱くなり、人々の感度は衰えてしまったのだろうか。

'Untitled (Mecca) by Robert Longo, 2011

Robert Longoの個展がパリのGalerie Thaddaeus Ropacで開催されている。
彼の作品を初めて知ったのは、Bottega Venetaのキャンペーン写真なので、まだ日は浅い。
1980年代前後、彼は、人々のモーションキャプチャーを捉えた「Men in the Cities」シリーズによって、ニューヨークで脚光を浴びた。先のBottega Venetaも、このシリーズに倣ったものであった。

そして、今回の個展では、彼の絵画作品が展示されていた。これが極めて写真的に描かれており、あからさまでないにしろ、ブレやボケ、陰影やネガの質感まで漂ってくるものであった。この試みは、リアリティの不在を埋めるものではない。むしろ、多くのイメージの間に流れる「ゆらぎ」のようなものが表現されていることに真価を感じた。
[PR]
by drmbbydrm | 2011-04-16 07:31 | PARIS

Je suis un amoureux de lycée.



フランスのエレクトロユニット、AIRの「Playground Love」は、彼らのなかで一番好きな曲。
この曲は、ソフィア・コッポラの映画「Virgin Suicides」のサウンドトラックに収録されている。
なぜか忘れることのできない夢のように、ものうげで切なく、儚い。

晴れた午後、軽やかにバスに飛び乗った彼と彼女。
この曲の冒頭のフレーズをフランス語に変え、写真のタイトルにしたいと思った。
[PR]
by drmbbydrm | 2011-04-07 06:45 | PARIS