Dream Baby Dreaming

QASIMI HOMME PRINTEMPS ÉTÉ 2012

QASIMI HOMME

今回のファッションウィークで様々な国のデザイナーのコレクションを拝見した。
多くを見た中でも、唯一の中東圏、アラブ首長国連邦をオリジンに持つKhalid Al Qasimi。
インビテーションにはバロック様式を細密画のようにレイアウトしたグラフィックが描かれ、テーマには「SEIZURE」と書かれていた。この単語は、つかむこと;つかまえられること、差し押さえ、押収、(敵地・支配権の)奪取、発作;卒中という意味がある。デザイナーはこの言葉の多義的な部分に惹かれたのかもしれない。デフィレはミリタリーの要素をフォーマルに落とし込んだものが多く、顔を覆うマスクはどことなくテロリストを彷彿とさせた。また、先のインビテーションがスーツの柄になっていたり、カモフラージュが出てきたりと、モノトーンにスパイスを添えていた。
ちょっとした仮説なのだが、非西洋圏のデザイナーの場合、自国の文化的背景に洋服(日本ではこういう定義がされていること自体、かなりドライ)がないため、一旦服を客観視する必要が生じ、そこから一歩進んでゆくか、客観的な透明性を維持し続けるかとった命題に突き当たるのではないだろうか。それを考えると、このデザイナーのデフィレは透明感のあるものだった。
[PR]
by drmbbydrm | 2011-07-23 19:27 | PARIS COLLECTION