Dream Baby Dreaming

BERNHARD WILLHELM PRINTEMPS ÉTÉ 2012

Bernhard Willhelm

Bernhard Willhelm

Bernhard Willhelmほど、EXTREMEという言葉が似合うデザイナーはいないだろう。
観光客が行き交うシャンゼリゼ通り。ここに位置するメルセデスベンツの展示会場を貸し切ってデフィレは行なわれた。ベンツがファッションウィークのスポンサーであることを抜きにしても、ベンツのなかを縫うように歩くという演出がにわかに信じがたい。
「100%」とインビテーションに書かれていたように、内容はBernhardのカラーが全開。女性(?)ボディビルダーのエキセントリックなミュージックパフォーマンスに合わせ、モデル達が登場。スポーツ、ネオンカラー、グラフィティ、民族調、アンダーウェア、ゲイといった様々な言葉が飛び交うも、結局はBernhard Willhelmという着地点に収まるところがスゴい。「100%」のほかに、「XXL」といったワードを随所にアイテムに落とし込んでおり、テーマを強調していた。ラストはフランスのゲイポルノ俳優のFrançois Sagatで終るところも非のうちどころがない。正にone and onlyのデフィレであった。

Bernhard Willhelm
[PR]
by drmbbydrm | 2011-07-17 03:10 | PARIS COLLECTION