Dream Baby Dreaming

WALTER VAN BEIRENDONCK PRINTEMPS ÉTÉ 2012

Walter Van Beirendonck

最も夢を見せてくれたコレクション。
パステルカラーの優しい色に満ち、縦に隙き間を多く設けたトップスは、のれんみたく心地良い。
全体的にとてもカラフルでありながら発色にいやみがない。きれいな色の服は、心にビタミン剤の役割をもたらすことを再認識した。テキスタイル、パターンも秀逸で、糸が縫い込まれたオリジナルの柄をパッチワーク状に組み合わせ、クラシカルなジャケットをリデザインしている。男女合わせて発表しており、途中からチュールを用いて作ったというアイテムがトップスやドレスとして現れた後、しばらく間をおいてから、浮遊感のある謎のモコモコしたものたちが登場。これらは現代美術家のErwin Wurmとのコラボレーションによって生まれたもの。性器のようなものもあり、非常にユーモアに満ちていたため、自分も含め、会場からは笑みがこぼれた。ラストルックはインビテーションに写されたものと同じオブジェであり、抽象的だったイメージが像を結んだ。この様なデフィレがあるからこそ、僕はファッションの虜なのだ。

Walter Van Beirendonck

Monsieur Walter Van Beirendonck

Thank you, Mr. Walter Van Beirendonck.
[PR]
by drmbbydrm | 2011-07-09 01:36 | PARIS COLLECTION