Dream Baby Dreaming

RAD HOURANI AUTOMNE HIVER 2011-2012

RAD HOURANI

RAD HOURANI

パリファッションウィークのラストを飾ったのはRAD HOURANI。バスティーユ駅近くのショールームで行われた。

内容は2つに分かれており、前半は短編映像が流れ、後半はプレゼンテーションの形式であった。
前半は、抽象的なイメージが幾重にもよぎるクールな映像と、各ルックの紹介。上の写真はその映像の一部である。各ルックの部分は説明を付けるために必要とはいえ、ややムードが緩んでしまった。

後半はモデルのIrina Lazareanuを招いてのプレゼンテーション。Rad Hournaiの服を身にまとった彼女をデザイナー自身が脱がせてゆく。パーツごとに剥がしてゆくといった方が適切かもしれない。前半の映像の音楽が激しいエレクトロだったのに対し、後半はIrina自身が歌うアコースティックな音色が流れていたため、とてもパーソナルな雰囲気であった。前から、どことなくプラモデルのようだと思っていた、各パーツを組み替えて出来上がる服が、色っぽく見えた。思い返してみると、オノ・ヨーコ(Yoko Ono)の「Cut Piece」から影響を受けたのかもしれない。シンプルながらも余韻の残るプレゼンテーションであった。

RAD HOURANI
[PR]
by drmbbydrm | 2011-03-27 05:55 | PARIS COLLECTION